ソリューション営業2部 プリンシパルコンサルタント

YASUNORI

「採用・転職コンサルタント」=関わる企業 / 個人 / 自分をハッピーに出来る「三方良し」のライフワーク

Question1

前職までのキャリア

新卒で1997年に当時40名規模の旧インテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社しました。
日本に長く高度成長期以来の終身雇用や年功序列システムなど旧式の人事システムやキャリアのあり方を変えて行くことを、
ミッションに時代の先を行く「日本の人事部」になる理想を追いかけて、12年間邁進しました。
その後、人材業界以外のビジネスとして、インターネット業界での通信機器営業とシンガポールにおける環境ビシネスを経験後、
改めて現在も取り組む医療・ヘルスケア領域の採用・キャリアコンサルタントに転身しました。

Question2

ユニコーン・パートナーズへの転職のきっかけ

当社の山田康晴CEOとUnicorn Partnersに以前から関心を持っていた事、自身の年齢とキャリアのステージを考えた際によりスモールサイズビジネスに身を置き、自身の個力やセルフブランディングを高めるチャレンジをしたく、ユニコーンパートナーズに入社しました。
また、前職に8年在籍しておりましたが、会社内の組織体制や給与制度変更に伴い、同社で続けるメリットと動機付けが下がった事も転職した理由です。

Question3

現在の業務内容

プリンシパルコンサルタントとして、①業界動向・最新トレンドのリサーチ ②人材ネットワーキング活動 ③採用コンサルティング ④候補者サーチ・スカウト ⑤候補者面談、キャリアコンサルティング ⑥職務経歴書作成アドバイス、面接プレゼンテーショントレーニング ⑦年収条件交渉、内定承諾サポート 等を実施しています。

Question4

やりがいを感じる部分

日本の人材流動性の低いキャリアマーケットを変え、企業の事業・組織成長に必要になるキータレントの採用支援を通じて、
日本の経済成長やグローバルプレゼンス向上にも寄与・貢献できる大変やりがいのある仕事だと感じています。
また、企業・候補者様そしてその両者に関わる自分にとっても学びの多い、文字通り「三方良し」の仕事です。

Question5

入社してぶつかった壁とうまくいくようになったきっかけ

会社のネームバリューやプレゼンスがまだまだ発展途上であることと、体制がまだ整っていないため、
限定的なリソースで独力で何ごとも切り拓き、推進していかないといけなかった点への適応に時間が掛かりました。
うまくいくようになったきっかけとしては、多少規模が大きかったり、事業の歴史が積みあがっていた会社から、
スタートアップ環境にシフトするにあたって、手広くやろうとせずに、「選択と集中」と自分の強みが凝縮して発揮できる領域や、
勝ちパターンのようなものを見つけられたことが大きかったと思います。

Question6

ユニコーン・パートナーズの魅力

自由度と裁量の高い働き方が推奨され、それぞれがプロセスを考えてビジネス開発・セルフブランディング出来ること、
人柄や誠実さ重視の採用をしているため、社内の人間関係がフラットでオープンな点は非常に良いと感じます。
また、プロ意識高い人間が集い、生産性高く働き、QOLも充実させる意識を持っていることは魅力です。

Question7

ユニコーンパートナーズに入社して驚いた事

全社イベント等で集う際に、良質で美味しいものを嗜む機会が多いことや会社の歴史はまだ長くはないが、法人顧客基盤が厚く整っていること、KPIのマイクロマネジメントや無駄なミーティングがホントにないことには驚きました。

Question8

将来のキャリアに関して

1997年から人材・HR業界の黎明期より採用およびキャリア開発関連に関わって来ましたので、業界や市場の最新トレンドを常にアップデートし、70歳くらいまでエグゼクティブサーチの第一線で活躍したいです(笑)
そのために積極的に多くの業界トップランナーの方々とお会いし、常に学び、日々人間力を高めたいと思います。

TOP
TOP